スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で唯一!?
1週間前の土曜日に行った石川県の千里浜なぎさドライブウェイ。
千里浜は砂浜を車で走れる海岸です。
何年か、んー、10何年かかな、前に行ったことはあったのだけど、その時はたしか夏頃で車も人も多くて、車で砂浜を走る気持ちよさはかんじなかったのだけど、今回は気持ちよさをかんじることができたよ
唯一残念だったのは、お天気が曇りだったことだけど、日本海っぽさ?^^;がかんじられてよかったかも。
なんとなく私の中では日本海は青い海ってかんじではなくて、ちょっとくらいかんじのイメージなのです。。
きっと青い海もあるのだけど、私のなかではそういうイメージ^^;

千里浜なぎさドライブウェイ1
千里浜なぎさドライブウェイ2
千里浜なぎさドライブウェイ3
千里浜なぎさドライブウェイ4
千里浜なぎさドライブウェイ5

私たちが走ってるときにはみかけなかったけど、バスや自転車とかも走れるらしい。
距離も結構長くて、8キロぐらいみたい。
波打ち際に車をとめて釣りをしているひとや、波打ち際で遊んでる親子、なぜか?服のままで海に入ってる人たち・・・膝までとかでなくて腰ちかくまで服のまま入ってたんだけど、何してたんだろ??
太陽が沈む夕方がに来たかったのだけど、この日は曇りだったから、夕日はみることはできずでした。
またいつか行くときに☆

スポンサーサイト
金沢に行ってきましたぁ♪ -part4/4-
最後に行ったところは、石川県能美市にある『松井秀喜ベースボールミュージアム』
目的地ではなかったのだけれど、ドライブしていたら、偶然看板発見!
どんなところか興味がわいてきて立ち寄ってみることに(^^)

洋風の立派な建物で、駐車場も広くたくさん停められます。びっくりしたのが、松井秀喜ベースボールミュージアムのバス停がある!!

松井     松井秀喜ミュージアム

ここの入館料、大人300円なんです。ちなみに子供は100円とのこと。良心的ですね☆
私も入館してみました。 なかは松井選手の子供の頃の写真や記録、トロフィーやユニフォーム、サインボール、メジャーに入ってからのものなど、松井選手ファン、野球ファンには楽しめるところだと思います。 野球好きでもない私でも、松井選手を身近に感じることが出来るような感じの館内でした★

今回は短い滞在だったけど、気晴らしになったかな(^_^)
金沢に行ってきましたぁ♪ -part3/4-
次に行ったところは、妙立寺(忍者寺)
四階七層二十九階段、複雑な建築構造をもち、忍者寺といわれる仕掛けも散在するこのお寺。
忍者の寺として建立したのではなく、幕府からの公儀隠密や外敵の目をあざむくための装備されたものとのこと。

妙立寺(忍者寺)     妙立寺(忍者寺) パンフ

ここは30分毎の予約制で、造りを説明をしながら寺内を案内してくれます。
わかり易い説明だと思ったので、子供連れさんも楽しめると思います♪

金沢に行ってきましたぁ♪ -part2/4-
次に向かったのは金沢21世紀美術館◇
有名ですよね。美術館巡りが好きとかではないんだけど、一度行ってみたかったんです。

金沢21世紀美術館     スイミングプール     21世紀美術館 案内板

美術館の有料ゾーンでは、ロン・ミュエック展(彫刻)とサイトウ・マコト展(グラフィックデザイン)が開かれていました。 両方とも観覧したのですが、私には芸術はよくわからないみたいで(^_^;)
すごいということはわかったんだけど・・ ロン・ミュエック展の巨大な赤ちゃんとか。。
真ん中の写真はスイミング・プール、これはよく紹介されてますね。 写真は地上から写したものです。水面の下、地下はあまり広くない空間なので、私が行ったときには人がたくさんいて写真に人の顔や頭が(+_+)

お昼は近江町市場でと思い、立ち寄ったのですが、観光客がたくさんいて、少し離れたいきいき魚市に行くことに。 今回、金沢滞在中はレンタカーを借りてたんですょ。
ここは近江町市場に比べると小さいですが、魚市場の隣にあるから、おそらく朝は賑やかだろうなぁ

金沢に行ってきましたぁ♪ -part1/4-
先週金曜日、仕事後に一泊で金沢に行ってきました~
電車で2時間半ほど、着いたのは夜。
お天気は曇りのち雨のような予報だったから心配したけど、翌日の土曜日は曇り時々晴れ<で日傘が大活躍してくれました(^_^)
まずは、長町周辺 武家屋敷の面影が残る界隈を散策。 細い路地に石畳、土塀、庭園・・城下町金沢◇
少し時間があったので、金沢市老舗記念館にも入館してみました。

長町 武家屋敷 界隈     長町 庭園     長町 金沢市老舗記念館


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。