スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお昼ご飯~151~重乃家
今週のお昼ご飯は、揚げ物が多かったねこ

天丼、とんかつ、そして昨日はフライ笑
カロリーとりすぎでしょうか・・

昨日はこちら鶏ささみフライ定食、800円。

割烹 重乃家

行ったお店は、割烹 重乃家 さん。
はじめて入るお店だったので、しずかに入り口をあけると、普通におうちの玄関みたいで、ちょっと??
右方向をみると、こじんまりしたカウンターがありました。
入り口だけをおもうと、昔からあるおうちの玄関というか、田舎とかによくあるようなかんじって、伝わるかなぁ^^; 普通にサッシなんですけどね。
看板やメニューがなければ、外からみると、ふつうのお宅にみえると思う。
きっと昔からあるお店なんでしょうね。 イスも昔?の喫茶店とかにありそうなかんじ。
私が入ったときには、お客さんはいなくて、お店の方も私からはみえにくい位置にいらしたから、入っていいのかちょっと迷っちゃいました(笑)

メニューは、鶏や魚の唐揚げや、魚の煮付け、エビフライ、天丼、うなぎ丼、寄せ鍋などの定食が10種類ぐらいあったかな。 お値段は700円ぐらいから1200か1300円ぐらいだったかな。

途中でお客さんが入ってきてたので、私が入ったときはたまたまだったのかな
なんだか少しほっとしましたニコニコ
スポンサーサイト
今日のお昼ご飯~150~粋肴と地鶏 ひといき
今週火曜日のお昼ご飯は、こちら絵文字名を入力してください

粋肴と地鶏 ひといき3

アメリカ総領事館の裏手にある、粋肴と地鶏 ひといき さんの江戸前海老天丼です!

海老2尾と、さつまいも、蓮根の天ぷら。
汁物付きで、お値段は650円。

メニューは、前に来たときより増えていて、3種類になってましたにこ
江戸前海老天丼と、江戸前特上天丼1000円、海老フライカレー800円。

食べたことのない海老フライカレーにしようか迷ったのだけど、私は結構ここの天丼好きなので、天丼に音符
というか、私あまりカレーってすすんで食べることないのかも。。
ラウンド♪
10月の3連休の中日に、福井県にある武生カントリークラブに行って来ました手書き風シリーズ42車
どこでもよかったのだけど、予約したのが、2~3日前だったから、大阪周辺の近場で2サムでまわれるところがあまり空いてなくて。

相変わらず、練習しないで大丈夫?と心配されながらのラウンド^^;
あまり大丈夫じゃないんだけど、「大丈夫ちゃうかな笑」といいつつ。

武生カントリークラブ1武生カントリークラブ2

もう今は大阪でも木々が色づいているけど、まだ10月中旬だったので、紅葉はほんの少し紅葉したモミジバフウの葉02(白い背景付き) †SbWebs†
たまにこんな色づいた紅葉も紅葉

武生カントリークラブ3武生カントリークラブ4武生カントリークラブ5

ゴルフ場はこんなかんじゴルフ
ここは、カート道から離れているところが多い、例えばグリーンまわりとか、なので歩くことが多かった印象が。
もう半月ほどたってるので、ちょっと忘れかけてるかも^^;
ゴルフをするには、秋っていいですね。 涼しいから、汗だらだらってこともないしにこ
でも、ちょっと嫌だったのは、ラウンド中、すごく待たされたこと。
そして、後ろの人も打ち込んできたりもあったし、こんなに待たされたことはないってぐらい待たされました・・
もう行くことはないような気がする・・顔
(> <)
最近、仕事が忙しくて、すべてがなかなかやる気にならないわたし・・

ハワイ島の旅行日記もまだ続きがあるのにできてない(> <)

旅行日記はぼちぼちにして、ほかの日の日記もなーねこ

今日のお昼ご飯~149~ル・ソリスト
先週22日、木曜日のランチ食事

この日は、お肉でなくて、お魚が食べたいなぁと思っていたので、籔さんに向かったのだけど、メニューは、カレイの煮付け。カレイの煮付けは好きなのだけど、なんとなくそんな気にならなくて、んー、どうしようとおもいながら、隣のle Soliste さんをみると、メニューは秋鮭のソテー!
決定ですニコニコ

le Soliste9

カリフラワーのスープとサラダ、パンまたはライス付きで、1050円です。

お肉もいいけど、お魚はいいですよね。でも、小骨のある魚は苦手です苦笑い
今日のお昼ご飯~148~アジア料理酒場 しゃばだば
ちょっと間があいちゃいましたが、先週水曜日、21日のランチです。

行ったお店は、アジア料理酒場 しゃばだば。

注文したのはこちら↓
ナシゴレンBセット、750円。
ナシゴレンとグレイアヤム、スープ、ミニデザートのセットです。

しゃばだば

コーヒーもセルフサービスでいただけます。

実は、月曜日、19日もこのお店にきたんです。
その時は、席にはすぐに案内してもらえたのだけど、すごく待たされて・・。
お昼休みが終わる頃に出てきて、会社に戻れたのは、お昼休みが終わって25分後ぐらい。。がーん
すみませーん土下座って部屋に戻ったけど、一緒に行ったうちの一人の人が、前行ったときはすぐでてきたって言ってたから、確かめるために1日おいて行ってみたの^^;

じゃあ、ほんとに早くって、5分も待たず、でてきたかんじ。
はやっ!って言葉にだして言っちゃったぐらい。

月曜日に注文したメニューは、ナシゴレンAセット。 ナシゴレンBセットと違うのは、グレイアヤムが唐揚げになっただけ。 だからメニューのせいではないんだよねー

違ったところは、店員の人が違ったのと、月曜日は2階に案内されたの。
きっとお客さんが多かったから、時間かかったんだろうなー

ということで、もし次お昼に行くことがあれば、2階にどうぞって言われたら、「やめときます」って言うのがよさそうちょっと気まずい顔

ランチメニューは、ほかにも何種類もありました!
プナルウ黒砂海岸
キラウエア火山をあとにして、11号線を下って向かうは、
Punaluu Black Sand Beach

このあたりは、まっすぐな一直線の道がたくさん。 写真でみえなくなってる先もずーっと走りやすいまっすぐな道なんです。坂道はあるけど、気持ちのいい道です!

プナルウ黒砂海岸へ1

海がみえてきた!

プナルウ黒砂海岸へ2

プナルウ黒砂海岸 に到着!

プナルウ黒砂海岸1

プナルウ黒砂海岸は、真っ黒な砂浜が広がっています。
ガイドブックによると、この黒い砂は海に流れ込んで冷え固まった溶岩が細かく砕けてできたものだそうです。

プナルウ黒砂海岸3

どれぐらい黒いのかなって思って、手にとってみました。

黒い ですね
溶岩が砕けたというだけあって、ほんと溶岩と同じ色ですね笑顔

プナルウ黒砂海岸2

このビーチは、ウミガメがやってくることで有名だそうですよ。

ここはBlack Sand Beachだけど、もっと南に下り、サウス・ポイント、アメリカ最南端の地ラ・カエに行くと、Green Sand Beachがあるらしい!
ガイドブックをみて、行ってみた~いて思ったけど、この最南端に行くには、サウス・ポイント・ロードって道を通らないといけなくて、ここはレンタカー会社から走っちゃダメってなってる道なんだなー
何もないだろうけど、何かあったら困るし。 グリーン・サンド・ビーチは車をとめてから約5キロほど徒歩で行かないといけないみたいなので、今回は時間もきついから、断念しょんぼりの顔
でも、グリーンの砂浜ってみてみたい! グリーンって緑だよ。緑の砂浜かぁ
ガイドブックによると、溶岩の中に溶けていたオリビン(カンラン石)が細かくくだけてできたといわれているそうです。
いつか機会があれば行ってみたいなにこ
Thurston Lava Tube
海沿いまで下ったチェーン・オブ・クレーターズ・ロードをクレーター・リム・ロードまで戻ります。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード、とっても気持ちのいいドライブコースですエクスクラメーション

次に向かったのは、Thurston Lava Tube

サーストン・ラバ・チューブ6

サーストン・ラバ・チューブは、溶岩でできたトンネル。
ガイドブックによると、熱い溶岩流が岩脈を通ったあと、冷えて固まった溶岩内に形成されてトンネルとのこと。
サーストン・ラバ・チューブ1

やじるしここが入口。
入口から出口までは歩いて10分ぐらいって書いてたので、私たちも歩いてみることににこ

サーストン・ラバ・チューブ2

さっき通ってきた溶岩台地とは違って、植物がわさわさ生えています。なんだかまるでジャングルみたいなかんじ。

サーストン・ラバ・チューブ3

やじるしここがトンネルの入口です。
ここ↓こっちはトンネルの中から入口をとったところ。

サーストン・ラバ・チューブ4

トンネルの中はこんなかんじ。
鍾乳洞みたいなかんじで、みずたまりっぽいものもあり、湿ってます。
照明はあるのだけど、結構暗いかな ほんと鍾乳洞みたいなかんじです。
長さは短いので、あっという間です。

サーストン・ラバ・チューブ5

トンネルをでると、また木々がしげっている道を歩きます。
シダとかもでっかい。 そういう種類なんだろうけど。

サーストン・ラバ・チューブ7

サーストン・ラバ・チューブからビジターセンターのある場所に戻って、ボルケーノ・ハウスでお昼をいただきました。

ボルケーノ・ハウス1

このボルケーノ・ハウスはロッジで宿泊ができるようです。
レストランからは、キラウエア・クレーターが眺められます絵文字名を入力してください

ボルケーノ・ハウス2

こういうところに宿泊するのもいいなぁ
ゆっくりキラウエアを散策もできるし

短い時間しかいられなかったけど、キラウエア火山、早起きしてきたかいがありましたおんぷ
チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの風景2
チェーン・オブ・クレーターズ・ロードどんどん走り、左手にはこんな風景。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード14

右手にはこんな風景。
いくつかある展望台のうちのひとつで、写真をパチリカメラ
海もうつってるんだけど、わかりにくいかな
この海沿いの道まで下っていきます。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード9

坂を下りきると、もう海沿いの道です。 標高1200mほどから、海抜0mまで降りていくのだけど、いっきに下ったってかんじ山道

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード11

車もオープンにしてると、かなり日差しがきつい。 お天気よくなかったのが嘘のよう。
でも、海にむかって走るって気持ちいいものです海と空

後ろを振り返ると、こんな景色。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード10チェーン・オブ・クレーターズ・ロード12

あの切りたってる崖のようなところを上から下ってきたのね。
その切りたってる崖のようなところをホレイ・パリというそう。 そして、垂直っぽい壁の黒っぽい部分が溶岩が流れ落ちた跡だそう。
溶岩が海に向かって流れ落ちていくところを想像すると、すごいですね。 私の頭の中では想像しきれないかも。。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード15

青い空に青い海、海に向かって走る、本当に気持ちのよいドライブコースですキラキラ・青2

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード17

このチェーン・オブ・クレーターズ・ロードは途中で行き止まりになっています。
小さな小屋?みたいなものや案内板などがあって、その先はまだもう少し道路もあって歩けるようになっているみたい。 道路が溶岩でふさがれてしまったところにも歩いていけるようなのだけど、彼にせかされ断念・・
私は行きたかったんだけどなー・・ でも運転してるのは彼なので、まぁ夕方までにホテルに戻りたいという気持ちを考えると仕方ないのかな。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード19チェーン・オブ・クレーターズ・ロード18

下の写真の遠くにみえる白煙はおそらく溶岩流が海にながれおちているところら辺かな
現在は、国立公園内ではないカラパナ側で流れ落ちてるそう。
そっちにももちろん行きたかったけど、時間の都合上・・・仕方ないよね。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード13チェーン・オブ・クレーターズ・ロード16

黒光りしている溶岩。 写真はほんの一部だけど、一面こういう景色がひろがっていました。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード20

帰りもいっきに坂をのぼって、次に向かったのは、サーストン・ラバ・チューブ!
続きます(^0^)
チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの風景1
チェーン・オブ・クレーターズ・ロードをぐんぐん走っていくと、こんな風景がひろがっています。

途中までは道路の両側に木々があり、林のようなかんじのところもあったのだけど、途中からは、見渡す限り一面溶岩です絵文字名を入力してください

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード3

写真では伝わらないぐらいの「うわぁ」って感じなんです。
ちょっとボキャブラリー不足ですねねこ

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード4チェーン・オブ・クレーターズ・ロード5

車から降りて、少し歩いてみると、なにか案内板が。
近付いてみると、keauhou trail と書いてありました。 トレッキングコースの案内板かな

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード8チェーン・オブ・クレーターズ・ロード7

これがすべて溶岩って、ほんとに言葉がでないぐらいの光景。
お天気がよくなってきてたからよかったけど、もしお天気がよくなければ、ここに立っているのがこわいような気持ちになりそうなかんじ。。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード6
(^0^)
火曜日から昨日まで、研修に行ってました。

眠気とたたかう日々でした^^;

さて、キラウエアの続き。 しなくちゃ、もう1ヶ月近くたっちゃったょ顔
今日のお昼ご飯~147~le Soliste
昨日も一昨日と同じお店でランチです。

行ったお店は、ル・ソリストレストラン

いただいたのはこちら

le Soliste8

洋風お好み焼きってかんじかなぁ
じゃがいも、玉ねぎ、根セロリなどの野菜と小海老につなぎの生地。
かなりお腹いっぱいになりました。
全部食べ切れなかったし汗

同じものを食べていたおじさまは食べきれないからって、持ち帰ってはったし、別のおばさまは完食後に多かったって話してはりました。
私も頑張ったんだけど、あと3~4口ってところでお昼休みが終わりそうだったので、断念^^;

最近、雨が多かったから、お昼に外にでることが減ってたのだけど、お天気がよくなって秋らしくていいかんじ晴れ
お昼休みに歩いていると、仕事に戻りたくなくなる季節ですアップロードファイル
チェーン・オブ・クレーターズ・ロード沿いで
ハワイ島旅行から帰ってきてもう半月以上たつのに、まだ3日目のことを書いてます^^;
あー、また休みとって行きたいなぁ
続きです絵文字名を入力してください

トーマス・ジャガー・ミュージアムから南方向には通行止めだったので、クレーター・リム・ロードを戻り今度は時計回りに走ります。
向かったのは、チェーン・オブ・クレーターズ・ロード!マーク 青

キラウエア・カルデラから、東に下っていく片道約20マイル(だいたい32km)の道路です。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード1

あんなにお天気がいまいちだったのが嘘のように晴れてきました晴れ
これは、オープンカーにして走らねばにっこり

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード2

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードは、海岸まで下っていく道なのだけど、下っていく途中にも見所がいくつもあるみたいなんだけど、すべて寄ってると時間がなくなっちゃうので、ちょっとだけじー

下の写真は、パウアヒ・クレーター。

パウアヒ・クレーター2

地図でみていても、道沿いにクレーター(火口)がいくつもあります。
トレイル(トレッキングコース)もいろいろあるみたいで、案内表示などもよくみかけたなぁ
ガイドブックによると、キラウエアの噴火口は少しずつ南東に移動していて、火口に沿って走るチェーン・オブ・クレーターズ・ロードを海岸まで進んでいけば、20世紀の噴火活動の変遷をみることができるのだそうです。
たしかに風景も進めば進むほど違ってた!

パウアヒ・クレーター1パウアヒ・クレーター3

このパウアヒ・クレーターでも「でかっ」って思ったから、白煙のあがっていたハレマウマウ火口や行かなかったキラウエア・イキ火口はもっと大きく感じるんだろうーな

下の写真↓は1973年の溶岩流

1973溶岩流

こういう何年何月のLava Flowの表示が結構あって、この写真のところはわかりにくかったけど、もっと溶岩流がわかりやすいところも。
今日のお昼ご飯~146~ル・ソリスト
昨日、木曜日のランチです。

行ったお店は、le Soliste食事

いただいたのは、こちらアップロードファイル

le Soliste7

グラタンです。

スープとサラダがついて、1050円。

今日のサラダはトマトトマトハート右

そろそろ温かいものもいい季節になってきたなぁ

でも、グラタン食べてたら暑くなっちゃって、食べ終わる頃には汗が・・汗
今日のお昼ご飯~145~海鮮処 ととまる
今日のお昼は、気になっていた海鮮丼のお店に行ってきました。

お店の名前は、「海鮮処 ととまる」

なんかお店あるなぁと思ってて、この前向かいの「はたごはん」に行ったときに、「ととまる」さんのメニューは海鮮丼って知ったので、行ってみたい!って思ってたの。

海鮮丼はこちら

海鮮処ととまる

お味噌汁がついて、800円です。
写真ではわかりにくいかもだけど、ネタが結構大きくて厚みもきちんとあって、なかなか満足アップロードファイル

今日はお友達と行ったのだけど、お客さんはいってて、ぎりぎり入れました!
お店はあまり広くなくて、細長いテーブルがひとつ、6人ずつ向かい合わせに座るかんじ。
壁側に座ったら、真ん中の人が席を立つときには、隣の人たちが立ってあげないとでられないみたい^^;
壁にはメニューがはってあったから、夜は居酒屋さんなんだろうな。
でも、お手洗いとか立つ人多そうだから、壁側だと落ち着かないかも(笑)

ちょっと今日は出してもらうまでに時間かかったけど、ランチの海鮮丼、また行きましょうにこ
ジャガー・ミュージアム&ハレマウマウ・クレーター!
Steam Ventsからクレーター・リム・ロードを2~3キロほど南に進むと、THOMAS A. JAGGAR MUSEUM(トーマス・ジャガー博物館)があります。

トーマス・ジャガー・ミュージアム

ここは火山観測所の脇にあって、館内には火山関係のパネルや機器、ハワイ神話の女神ペレなどの壁画などが展示されています。女神ペレの髪や涙などといわれているものもありましたょ

ここからは、キラウエア・カルデラを見渡せます。
キラウエア・カルデラはキラウエア山頂、標高1248m付近にひろがっています。
大きさは、周囲約12キロぐらいらしい。直径はどれだけだろ?

キラウエア・カルデラ1キラウエア・カルデラ2ハレマウマウ火口3

大きすぎて、一目ではみえないし、からだごとぐるっと見渡すって感じです。
なので写真には一部しか写ってない・・

そして、この巨大なカルデラの中にあるHalemaumau Crater(ハレマウマウ火口)カメラ
火の女神ペレが住んでいるといわれ多くの伝説がある火口ね。

ハレマウマウ火口1ハレマウマウ火口2

白い噴煙がモクモクしてる火口です!
この火口は直径約900mあるらしい。
これでも1キロないから、カルデラはどれだけ大きかったか
この火口に溶岩がいっぱいあふれていたかと思うと、自然のすごさよりも、こわさの方が強いかも。

キラウエア火口を一周している、クレーター・リム・ロードをもう少し南方面へ進むとRift Zone(亀裂地帯)やハレマウマウ火口の縁まで歩いていける展望台などがあるみたいなのだけど、ハレマウマウが噴煙をあげているので、クレーター・リム・ロードを反時計回りに進むことは×
ここ、トーマス・ジャガー・ミュージアムより先は行き止まりになってたの~><ざんねん。
Steam Vents
ボルケーノに到着!

公園入口ゲートを通るときに入場料を支払います。

ボルケーノ1

ハワイ火山国立公園は車1台につき10ドル。レシートには1週間有効と書かれています。

ボルケーノ2

まず、ビジターセンターに立ち寄ってみたのだけど、英語の苦手な私には展示しているものを読むには時間がかかりすぎる笑
センター内はさらっとみて、先を急ぎます。
ビジターセンターに着いた時は、空はどんより、霧雨のような雨も。そして、結構寒かったの。
上着は一応持っていってたけど、それを着ても寒いかもぐらいの体感温度。

ところが
ここからは晴れてきた手書き風シリーズ矢印上
やっぱり山のお天気は変わりやすいのね。

キラウエア・カルデラの周りをぐるっと走ってる道路、クレーター・リム・ロードを進みます。
反時計周りに、ビジターセンターから少し走ると、「Steam Vents」があります。
Steam Ventsとは、蒸気の噴気孔。

写真では少しわかりにくいかしら。 白い煙のようなものがうすーく写ってるのが蒸気です。

steam vents2steam vents3

熱い溶岩によって熱せられた地下水が蒸気となっているそう。

steam vents1

地熱が高温なため、まれな品種の草木があるらしいけど、わかんなかったゎ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。