スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神倉神社は・・
浮島の森を離れ、てくてく歩きますみずたまこ

この日は妹のお家に行く予定だったのだけど、あまりにもお天気がよかったので、もう少しぶらぶらすることににこ
向かった場所は、神倉山。神倉神社のある場所です。

神倉神社1

太鼓橋を渡り、左手に歩くと、神倉神社への参道があります。
参道入り口には鳥居があるのだけど、そこから見る参道は・・・かなり急です。

神倉神社3神倉神社4

写真こちらでは、わかりにくいかもだけど、急なんですよ、ここ。

参道の石段は、源頼朝が寄進したと伝わる鎌倉造りで538段あるそうです。 そして、傾斜角最高で45度だとかびっくり

上まであがるつもりは全然なかった私ですが(ちょっとどのくらい急だったかなって思い出すために、見にいってみただけだったの。)、結構のぼってる人がいて、気温も高く暖かかったし、つい、のぼりはじめてしまいました^^;

神倉神社6神倉神社5

石段をのぼり、途中で下を向くとこんなかんじ↑ そして、上はというと、こんなかんじ↑
私、高いところとかそんなに嫌じゃないんだけど、かばんを持ちつつ携帯で写真を撮ってると、足元もあまり安定しない(この日はスカートにブーツという格好でした^^;)し、さすがにちょっとこわかった。
だって、もしふらついて落ちたら、大怪我しそうなんですもの。。
上ってる人を後ろから見てても、大変そうで。
カップルさんは、手をひいてもらいながらのぼってるし←でも、これは余計危ないって^^;
少し年配の方や、小さなお子さんは、前の石段に手をついたりしながらのぼってました。
石段をあがり始めると、ここまであがってきたのにって気持ちと、降りるのもこわいって気持ちがあるんじゃないかしら(^^;)
石段もいろいろな大きさの石をただ積み上げてるようなかんじなので、幅も違うし、高さも違うし、同じ段でも足を置く位置でだいぶ違うんですよね↓

神倉神社7

石段は真ん中ぐらいまであがると、そんなに急ではなくなり、のぼりやすくなります。

この神倉神社の行事で、毎年2月6日の夜に、御燈祭りという神事が行われます。
白装束に身を固めた祈願者が神火を松明にうけて、ここの急な石段を馳下る火祭りです。
普通に昼間降りるだけでも結構用心深く降りないとあぶないと思うのに、夜、松明もって駆下りるってかなり怖いですよね。
私も一度みたいと思いながら、見たことないんですよね。 御燈祭りは女性は入れないんです。
当日は太鼓橋からもう女性は入れないみたいだしで、見物客でいっぱいだそうです。
下にいると見えないみたいだし、見る機会を逃してきています^^;
少し離れたところからみると、山を駆け下りる松明がきれいに流れているようにみえるそうです(^-^)


石段を上りきると、鳥居があって、そこをくぐると・・到着! 神倉神社です。

神倉神社8

手前に手水鉢があり、その向こうに一枚岩の岩盤があって、その上に巨岩があります。
この巨岩は、熊野権現が最初に降臨されたと伝わる霊石「ゴトビキ岩」です。
神倉神社は、高倉下命と天照大神をお祀りしています。

神倉神社9
神倉神社11
神倉神社2

境内から神社までの石段もかなり急。私の中では下から上がってきた石段より、急に感じたような・・
でもさすがに景色はきれいです。 石段を頑張って登ってきただけあります(笑)
なんだか、ほっとできる景色です笑顔

神倉神社10

石段をおりて戻る途中で、地元のおじさんがウラジロらしいものをとっていたのだけど、そのおじさんが「しんどいやろ」って声をかけてくれました。
私は「はい。今日はこんな靴だったんで・・」というと、おじさんが「それはしんどいわ。そんな靴じゃ・・草鞋じゃないと。」って^^;
とりあえず私は参道を一番下までおりてベンチで休憩してたら、おじさんがシダを持っておりてきて、
「おや。早かったね。そんな靴なのに。」って言ってくれるんです。
そして、「なかなかはやく下りて来れないよ。おれへんで。」と言われました。
そんなに早かったつもりはなかったのだけど、悪い気はしないですね(笑)
ちなみに、その時に履いていた靴は、こんなブーツでしたコレ

ブーツ
スポンサーサイト
 
〇〇さま、コメントありがとうございます。
ありがとうございます。

ブーツの話、おかしかったですか^^;

神倉神社は今までも数回しか行ったことなかったんですけどねー^^;

よろこんでもらえたならよかったです。
ブログ再開おめでとうございます。

ブーツの話おかしくて
それに写真、冬の南紀・・きれいですね!

コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://odekakebiyoribytama.blog44.fc2.com/tb.php/483-a1f81280

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。